Blog

骨格バランス診断 

骨格診断、自己診断間違っていませんか?

こんにちは。Happinessの乗松恭子です。


先日、パーソナルカラー診断の自己診断で陥りがちな誤解?について書きましたが↓


パーソナルカラー診断、自己診断間違っていませんか?


今回は骨格診断の自己診断あるあるの話です。


自己診断が間違っている人にありがちな思い込み↓



・首が短いからストレート

・首が長いからウェーブ

・足が短いからウェーブ

・お尻が大きいからウェーブ

・肩幅が広いから上重心のストレート

・骨盤が張っているから下重心のウェーブ

・可愛らしい服が似合わないからウェーブではない

・スーツが似合わないからストレートではない

・奇抜な服が似合わないからナチュラルではない


首の長さ、肩幅の広さ、足の長さ、全て骨格診断の基準にはなりません。

多くの人を診断して分類したときに、「傾向として」はあるかもしれません。


ストレートさんには首の短い人が多い とか

ウェーブさんには首の長い人が多い とか?


でもそれは


首が短い=ストレート とか

首が長い=ウェーブ 


にはならないんですね。。。


骨格もカラーと同じで、余計な知識を思い込みで当て嵌めず、自分の感性で選んだ方が自分の似合うに近づきやすいかもと言うことがあります。


でも、正しい診断をしてもらって、きちんと自分に似合うものがわかれば、自分の感性に自信が持てるし、試行錯誤して失敗する可能性も低くなります。


骨格診断なんかしなくても、上手に自分の似合うを選べている人はたくさんいます。そんなルールに囚われず、自分の好きなものを自由に素敵に着こなしている人はたくさんいます。


でもそう言うセンスのある人はそう多くはありませんので。


Happinessでは、骨格バランス診断で診断をするだけではなく、ルールに囚われすぎず、なるべく自分の好きなものを選びながら、失敗しないコツ、より似合うに近づけられるコツをアドバイスいたします。


自己診断で思い込んで、教科書通りのコーディネートをしているくらいなら、自分の感性で選んだ方がマシだった、と言うこともあるかもですよ〜。


骨格診断の自己診断について詳しくはこちらもご覧ください。

体格よりも自分が選ぶお洋服から推測した方が正解に近い場合もありますので、そんな話を書いてます。



骨格診断、自己診断が間違っている可能性のある人の傾向



おしゃれでHappyな毎日を💕

ご予約・お問合わせはこちら

※ご予約・お問い合わせはLINEが便利です。


友だち追加

メニューと料金はこちら


※7月、8月は満席となりました。ご予約は2ヶ月前の同日から受け付けております。


お知らせ

★横浜市都筑区民活動センターにて「プログラムバンク1日体験講座」を実施しました。

★雑誌取材のインタビューで名高達男さんがいらっしゃいました!記事はこちらから↓

http://www.companytank.jp/interview/202011/15084/


★神奈川新聞に掲載されました!

★FMヨコハマに出演しました。


FMヨコハマホームページはこちら





★地域や企業でのセミナーのお仕事のご依頼もおうけしております。


「おしゃれ講座」「メイク教室」の他、女性向けや介護施設等でのメイク体験などご相談に乗ります。お気軽にご相談くださいませ。

SHAREシェアする

一覧

HOME> ブログ >骨格診断、自己診断間違っていませんか?